水ダイエットを過度にやり過ぎると、水中毒という症状を引き起こす危険があるでしょう。 水中毒とは、血液中のナトリウムイオンの値が正常値よりも下回っている状態のことで、水分の過剰摂取が原因で起こるのです。 水中毒になると、一般的に次のような症状が現われます。 ・疲労感 ・頭痛 ・嘔吐 ・呼吸困難 ・昏睡状態 ・精神異常 ・むくみ ・たるみ ・冷え性の悪化 ・生理不順 水分を過剰に摂取すると疲労感を感じやすくなるので、水ダイエットを始めてから疲れやすいと思った場合は水中毒の可能性がありますね。 また、水中毒が悪化すると頭痛や嘔吐、むくみ、たるみ、冷え性の悪化、生理不順といった症状が現れます。 そして、そのまま症状を放置してしまうと、呼吸困難や昏睡状態、精神異常を引き起こす可能性もあるので、注意してください。 時には命を落とす危険もありますから、水ダイエットを行う際は十分に気をつけるようにしましょう。 ただし、1日の水の摂取量が2リットルくらいまでであれば問題ないため、心配する必要はありません。