月別アーカイブ: 2016年9月

高齢で無ければ退職した後でも、カードローンは利用できます

仕事を退職した後に、現在利用しているカードローンが利用出来なくなると心配される方が多くいるでしょう。
しかし退職しても、返済が出来ない状態にならない限りは、多くの場合はカードローンをそのまま利用できます。
ただし何回も滞納などがあれば、借入れの限度額を減らされる場合があるので、返済の滞納には気をつけるべきでしょう。
多くのカードローン会社の規則には、勤めていた会社を退職した場合は、カードローンの会社に連絡するようになっています。
連絡をしたらカードが使えなくなると考えて、連絡をしないかたが多いのですが、連絡をしてもカードが使えなくなる場合はほとんどありません。
お金を借りていて、まだ完済していない人はが連絡をしても、すぐに完済をして欲しいと言われる場合も無いので、完済していない人も連絡をしても問題は無いのです。
退職をした後は、お金が必要になる場合があるので、保険の為にカードローンを持ち続けるのは大事でしょう。
それでは定年退職をした場合はどうかと言うと、金融機関では年齢を制限している場合が多いのです。
銀行のカードローンであれば、65歳未満の人しか借入れ出来なくて、消費者金融でも69歳未満の人しか借入れが出来ません。
年齢制限をする理由は高齢者になると、体が不自由になる場合があり、お金を返済するためにATMまでいけなくなる場合があるからです。
ちなみに、総量規制対象外のカードローンもあるので、チェックしてみてくださいね。