カードローンの限度額が下がることってあるの?

カードローンの限度額が下がるという経験をした人は、それほど多くはないでしょう。しかし、実はカードローンの限度額が下がるということは、それほど珍しくはありません。

正社員で働いている人なら、年収が年々上がっていくので、カードローンを長く利用しているほど、限度額は上がっていくと考えている人も多いでしょう。しかし、年収が上がっても、返済で延滞をしてしまうと、総合的な信用が下がってしまい、限度額が下がることがあります。
限度額が下がっても、基本的にはそれほど大きなデメリットを受けることはないと思われます。

例えば、限度額100万円のうち、80万円を借りていて、延滞をしてしまったなどの理由で、限度額が50万円まで下がってしまったとします。すると、一時的にはそれ以上借りられなくなりますが、返済を進めて、借入残高が50万円を下回れば、枠に空きができるので、また利用ができるようになります。
延滞を何度も繰り返していると、利用停止になってしまうことがあります。利用停止になると、基本的にはその後は追加で融資を受けることができなくなります。

利用停止になると、借金をすべて完済するまでは利用ができなくなり、下手をすればその後もずっと利用停止の状態が続くので、限度額が下がるよりも深刻です。

申し込みしてすぐに借りられるカードローン 即日融資はやっぱり魅力的ですね。