キャッシングの申込みは65歳の誕生日前にすべき理由

クレジットカードのキャッシングには、年齢制限が加えられているのが一般的です。キャッシングを利用できるのは20歳以上、そして65歳未満までとなっている銀行や信販会社が多くなっています。65歳以上になっても申し込みOKなキャッシングもありますが、年齢制限により申し込み自体ができなくなっているクレジットカードもあるので、キャッシングの利用を開始したいときは65歳の誕生日前に申請を行ったほうが懸命です。

65歳以上になると、なぜキャッシングが利用できなくなってしまうのでしょうか?

その理由は、多くの企業で定年が60歳または65歳になっていることが影響していると考えられます。以前は、60歳で定年退職する企業がほとんどでしたが、最近では65歳定年制の企業も増えてきました。いったん60歳で定年退職して、その後で再雇用されるしくみを導入する企業も珍しくはなくなっています。65歳までは安定した給与収入が得られる人が多いことから、キャッシングの利用年齢も65歳までとなっているのです。
ただし、65歳以上の人がキャッシングを利用できるクレジットカードがあるのも事実です。最高で、70歳まではキャッシング利用可となっているクレジットカードもあるので、年齢が気になる方は年齢制限が高く設定されているカードを選ぶとよいでしょう。
参考:http://www.ajiindonesia.org/